水位センサーの種類と仕組みについて

水位センサーとは水などの液体が一定のレベルになった時にそれがわかるようにする仕組みです。もちろん、センサーだけではなく、それが動作した時に見える仕組みも必要ですが、それはセンサーの範疇ではありません。センサーを大きく区分すると、液体に浸すことによって電気が流れてスイッチが入るタイプと、浮きの位置が変わることでスイッチが入るタイプに分けられます。それぞれは用途によって使い分けられています。購入する場合にはその目的を明確にすることが大切です。また、室内で使用する場合と屋外で使用する場合ではタイプもサイズもかなり違います。また、業務用と個人の趣味レベルでは求める品質もかなり違ってくるでしょう。インターネットで販売されている商品の価格ではなく、機能をチェックすることが大切です。

水位センサーの種類と対象

センサーの種類を紹介しましょう。まずはリードリレーを使用したフロートスイッチです。水に浮いた磁石の位置が変わることで内部の接点が閉じます。そして電気が流れる仕組みです。構造はシンプルですが、内部に水が入らないため、汚れによる動作不良などの心配はありませんし、取り付け方も簡単です。水や液体に電極が触れることで電気が流れる仕組みを利用したセンサーもあります。フロートスイッチを取り付けられない場合に使用します。ただ、液体によって電極が腐食することが考えられるため、十分なチェックが必要となります。メーカーの取扱説明書に使用できる液体が明記されている場合もあります。専門的な知識が必要となるケースもありますから、メーカーに相談して判断することが大切でしょう。

水位センサーの使い方

センサーの使い方は簡単ですが、どのような状況で使用するかによって形もサイズも大きく異なってきます。例えば井戸水の水位を測るためにはメジャーの先にセンサーを取り付けたタイプが必要ですし、特別な液体の場合にはそれに合わせた電極が必要となります。水位を測ることが目的ではなく、一定の量を越えたり、少なくなったりした時に知らせてくれる仕組みが求められているのです。あらかじめ設定した水位より高いか低いかによってセンサーの働きが決まります。家庭で使用することは本土ないかもしれませんが、業務用として水や灯油タンクなどを使用する場合には必須の機能でしょう。利用者側ではなくタンクなどの装置を設計するメーカーで十分な検討が必要です。センサー自体は外から見えない位置に取り付ける場合がほとんどです。