トイレタンク内にも水位センサーがあります

水位センサーとは水を監視するための装置の総称で、センサーは物体を監視するなどの意味を持ちます。
住宅の中には水を監視するための装置があり、生活を便利なものに変えてくれます。
但し、センサーは物体を監視するための道具であり、センサーと他のものを組み合わせる事で役立つ装置になるのが特徴です。
例えば、水位を監視して水道の蛇口を閉める事で生活の中での便利さが生まれる事になります。
浴室の水を溜める時、トイレを利用し終えた後に水を流す時など、センサーが働いて水道の蛇口を止める事で安心した生活を送る事が出来るようになるわけです。
尚、水位を監視すると言う事は、水の無駄遣いを防ぐ事が出来るなどのメリットにも繋がります。
水を適量使った後は、水道の蛇口が閉まれば無駄な水を使わずに済みます。

トイレタンクの内部では浮き球が水を監視しています

トイレを使い終えた後はトイレタンクレバーを回して水を流す事になるわけですが、水は一定量流れた後は自動的に停止する事になります。
これはトイレタンクの中に浮き球と呼ぶ水位センサーがあり、トイレタンク内の水量を監視して一定量が流れた段階で給水を開始し、トイレタンク内部の水が一定量になった段階で水道の蛇口を止めるなどの役割を持つ部品です。
浮き球は、プラスチック製の球をしたもので、普段は水面に浮かんでいます。
トイレタンクのレバーを回すと、水は排水弁から便器に流れるためタンク内の水量が減る事になります。
一定量の水が流れると、浮き球なトイレタンクの底近くに移動するので、排水弁を自動的に閉めます。
これと同時に、給水口を開けてトイレタンク内に水を流し込み、浮き球が一定の位置に来た段階で蛇口を閉めるのがトイレタンクの仕組みになります。

浮き球がなければタンクの水を停止出来ません

トイレタンクの中にある浮き球は水位センサーとしての役割を持つ重要な部品です。
排水弁を開けるためのセンサー、タンク内に水を注入するためのセンサー、そして蛇口を止めるためのセンサーの役割があります。
もし、浮き球が壊れてしまうと、水をタンク内に注入する事が出来なくなる、注入出来ても蛇口を止める事が出来なければ蛇口からは永遠に水が流れて来る事になります。
但し、トイレタンクは蛇口が止まらなくても、タンク内から水が溢れてしまい、床が水浸しにならない工夫が行われています。
タンク内には一定量の水を溜めると言う役割があると同時に、水位が決められており、水位を超えた場合には水を便器に流すための排水口が設けられているからです。
しかし、センサーとしての役割を果たせなくなれば、水を無駄に使う事になる事からも、浮き球はトイレタンクには欠かせないセンサーです。