結婚式のプロフィールビデオのコメントの注意点です

結婚式で使用するプロフィールビデオでは沢山の写真が表示されます。そして、その写真一枚一枚にコメントが付けられていることが多いです。列席者の方々は、そのコメントを読みながらプロフィールビデオを楽しむことになります。ですから、そのコメントは非常に重要です。何を書けばよいのかが分からないと悩んでしまう人も多いかもしれません。しかし、大切なことは何を書くかという問題以前にも存在します。それは読みやすさです。いくら良い事を書いても読めなければ意味がありません。注意するべきことは、コメントの長さと色です。長いコメントが短い時間しか表示されない場合は、読み切ることができません。コメントの長さに対して、それを読むための十分な時間だけ表示しておく必要があります。そして、そのコメントに使用する色は背景色を考慮して見やすい色にする必要があります。



結婚式の記念にプロフィールビデオを



結婚式の演出に欠かせないものの一つとして、プロフィールビデオがあります。数分間のビデオの中に新郎新婦の生い立ちや、出会い、人となりが凝縮されています。一般的には生まれてから、幼少時代、学生時代などの写真とその詳細を伝えるぶんを加えていきます。そして、二人の出会いから現在の結婚に至るまでの写真も織り交ぜます。私も結婚式の際にプロフィールビデオを作成しました。写真と文章はこちらで用意して、後は式場の肩にお任せでして編集してもらいました。自分の幼少時代などを列席者に見てもらうのは、少し恥ずかしかったです。料金は10万前後くらいかかりましたが、とてもよい記念なったので作成して良かったです。またプロフィールビデオに合わせて、自分達の好きなアーティストの音楽もかけてもらいました。結婚後の今でもたまにDVDで見ています。



結婚式のプロフィールビデオの加工には注意です



結婚式で使用するプロフィールビデオを自分で作る場合には心に留めておくべきことがあります。それは、それを見る人たちは新郎新婦の写真やコメントを見たいと考えているということです。映像を編集するためのソフトは沢山あります。専門的な知識がなくても使用することが出来ますので、プロフィールビデオを自分で作るということはそれほど難しいことではありません。そこで、編集ソフトを使っていると、いろんなことがやってみたくなります。ソフトには映像を加工するための装置が備わっています。そういった物を使っていくと、どんどん映像は加工されて、一見かっこよく見えるようになります。しかし、このカッコよさは結婚式には必要ありません。そのカッコよさは単なる自己満足にすぎません。写真やコメントを楽しみたいと考えている人にとっては邪魔な存在になってしまいます。