結婚式でのプロフィールビデオ

結婚式の披露宴に出席すると、プロジェクターとスクリーンを使って映像を流すという場面がとても多く見かけられます。これは何をしているかというと、新郎新婦のプロフィールビデオを流したり、あとは友人の方々が作ってくれた映像などを流す場合によくつかわれます。この時の、プロフィールビデオとはどういうものなのでしょうか。まず、披露宴に来る方は新郎新婦共通の知り合いの方も来るかもしれませんが、大半が一方の知り合い、または親族なので相手のことを知らないという状況があります。こういったときに、簡単にプロフィールをまとめたものを流すことで、どういう人と結婚するんだということを知ってもらうことが出来ます。親族も友人も、これから夫婦で付き合っていくことが多くなるかと感じますので、いち早くどういう人かを知ってもらうためにはとても重要です。



結婚式のプロフィールビデオ



昨年の12月にいとこの女の子の結婚式に出席しました。最近は友達もほとんど式など挙げなかったし、招待されることが滅多になかったので、娘と一緒に出席できて本当に嬉しかったです。場所はホテルの最上階にある宴会場だったのですが、私たちは親族という事もあり、教会式から出席しました。とても新しく綺麗なところでついつい涙ぐんでしまいました。そして、宴会場に移動をして食事を取りながら歓談をしていたのですが、途中お互いの今まで育ってきた環境などが全て収められているプロフィールビデオが上映されました。新婦のほうはいとこなのである程度は知っていますが、新郎のほうはその前に一度だけお会いしたことがある程度で、ほとんど知らなかったので、とても興味深く見せてもらいました。二人ともとても温かい家庭で育ち、観ていたら温かい気持ちになるようなビデオでした。



結婚式のプロフィールビデオは自作か外注か



結婚式といえば、プロフィールビデオを流す方が多いもの。5分程度の映像に音楽を合わせて、2人の略歴から出会い、そしてこれからの誓いについて示すためには効果的で非常にポピュラーな演出です。プロに作成を依頼するという方法ももちろんありますが、そこまでの費用負担が考えにくい場合は自作も可能です。その場合も、用意するソフトの種類や構成、演出によって必要となるものが変わってきますが、自分で作った方がより心のこもったものが出来る、という方も多くいます。もちろん結婚式の準備はプロフィールビデオの作成だけではなく他にも沢山ありますので、その他の準備と重ねて、無理のないようにスケジュールを組み作成していきましょう。招待する方が楽しみにしていることも多いプロフィールビデオを効果的に使って、素晴らしい結婚式にしたいですね。