様々な場所で活躍する水位センサー

お風呂の湯量を全自動で調整するシステムが登場して、水を効率的に使用できるようになりました。お風呂の湯量を調整するシステムには全自動システムと自動システムがあります。前者は水位センサーによって自動的に湯量の調節を行いますが、後者は手動で調整します。一方自動システムでも追い炊きは全自動システムと同様に機械が行ってくれます。
特にオール電化住宅では多くの家電製品が連携し合うシステムとなっており、台所にいながらお風呂のお湯を入れることができます。水位を自動的に検出し調整するシステムが利用されているのはお風呂だけではありません。洗濯機や食器洗い機などにも使用され、人々の日常生活を支えています。どの家電製品に内蔵されたセンサーも、予め設定された一定の水量に達すると自動で水を止める仕組みです。

水位センサーの特徴とは

水位を自動的に測るセンサーには内部にダイヤフラムと呼ばれる圧力を計測する装置が組み込まれています。ダイヤフラムは圧力の調整を行う調整弁です。一般的に様々な圧力計や流量計を自動で制御するためのシステムに使用されています。お風呂に取り付けられたセンサーでは、浴槽内の湯量が増加するのに伴ってセンサーに伝達される圧力も増加します。センサー内のダイヤフラムは圧力の増加を受けて徐々に膨張しますが、センサーはダイヤフラムの膨張を感知して湯量の計測を行っています。
全自動風呂の給湯器にはセンサーが内蔵されており、圧力が少なくなると浴槽にお湯を送ります。湯量が多くなると逆流する圧力が大きくなるのでお湯の供給が止まる仕組みです。全自動で湯量を調整し、お湯があふれることはありません。

水位センサーが必要とされる場所

水位を感知して自動的に調整するセンサーが内蔵されているのは、お風呂の給湯器だけではありません。全自動洗濯機や食器洗い機など様々な家電製品に内蔵され人々の生活を支えています。特に水道の栓を開けたままでも自動的に水量を調整する洗濯機は、家事の手間を大幅に省略するのに役立ちます。また台所にいながらにして自動的にお風呂のお湯を入れることができる全自動風呂も便利な存在です。
一方全自動風呂を導入する場合には給湯器にセンサーが内蔵され、コントロール装置の設置が必要となるため浴槽全体を交換する必要があります。センサーを導入しなくても湯量を調整できる浴室用バス水栓も市販されています。センサーが内蔵された全自動風呂も便利ですが、浴室用バス水栓でも同様な機能を期待できます。いずれを選択するかは予算と機能によります。