水位センサーによる家事労働の軽減

水位センサーは、家庭の中でも随所で使われており、生活を便利にしてくれています。全自動洗濯機や食洗器、全自動風呂が使えるのもこのセンサーのおかげです。全自動洗濯機用の水栓は特殊であり、全自動洗濯機用の蛇口がついている場合、二槽式洗濯機へはそこから給水できません。蛇口をひねってもぽたぽたと水滴が垂れるだけで、通常の蛇口のように、水が噴き出すことはありません。通常の蛇口として使うためには、特殊な機材が必要となります。逆に、普通の蛇口しかないところで全自動洗濯機を使う場合は、全自動洗濯機用蛇口が必要になります。全自動洗濯機には水位センサーが内臓されており、これと全自動洗濯機用蛇口が連動して、水量を自動的にコントロールしています。センサーが壊れると、修理か買い替えが必要となります。

圧力を感知して水位を調節している

全自動洗濯機でも全自動風呂でも、水量が自動的に調節されるのは、圧力を感知して電気信号に変える水位センサーがあるからです。このおかげで、風呂の水があふれるという心配もなくなり、節水になります。風呂の水がたまるまでは時間がかかりますから、ずっとついて見ているというのも難しく、目を離しているうちにあふれてしまうというのはよくあることです。水を一杯にしてから沸かすよりも、給湯で一杯にしたほうが、燃料代が安く済みます。しかし、給湯中にあふれてしまったら、相当な無駄となります。しかし、つきっきりで見ているというのも時間が惜しまれます。毎日のことですから、悩ましいことでしたが、このセンサーの利用で、そうした悩みが一気に解決されました。まさに文明の利器です。

全自動洗濯機が使えるのもセンサーのおかげ

全自動洗濯機はずいぶん前から普及していましたが、やはりこのセンサーあってこそ全自動化が可能だったようです。かなり前のことですから、水が自動で給水されるというのは、結構な驚きでした。トイレのタンクは、手動で流したあとで水が満たされるものであり、なんの手動操作もしないのに、全自動洗濯機に水がひとりでに給水されるという現象には、大きな技術の進歩が感じられたものです。それを可能にしていたのが、圧力を感知して水位を調節するセンサーだったというわけです。今や洗濯機には乾燥機もつきましたから、洗濯にはほとんど手間がかからなくなりました。家事の負担が軽減されたことで、高齢者も自立して暮らしやすくなっています。洗濯は、長くかなりの重労働となっていましたが、今やほとんど何の手間もかからないものとなっています。