友人の結婚式のプロフィールビデオで面白かった事

数年前のことになりますが、友人の結婚式に呼ばれて出席させてもらった時に、プロフィールビデオの上映がありました。今は割とどなたもそういったビデオを上映なさるのが一般的だそうで、そんな事は全く知りませんでした。上映が始まると、拍手が沸き起こりました。これを楽しみにされていらっしゃった方も大勢いらっしゃったようでした。音楽などの演出もとても凝っていて、ドラマ仕立てでストーリーが制作されており、普段見ていた友人がまるで女優のようにも見えました。時々出る字幕、そして効果音がまるで映画のようでもあり、本当に驚きました。今どきの結婚式はこんなに凝ったビデオを作って上映するのが一般的だという事をその時初めて知りました。ビデオが終わってから友人に話を聞くと、女優気分で演じることが出来てとても楽しかったと言っていました。一生に一度のイベントですから、とても良い記念になったようです。



結婚式のプロフィールビデオを業者に頼む際の注意点



今、結婚式でプロフィールビデオを上映するということがとても流行しています。それに伴って、そのビデオを作成する業者も増えてきています。何かと忙しいプレ花嫁さんには非常に助かるサービスです。では実際に注文をお願いする際に注意する必要があるのはどういった点なのでしょうか。まず、完成版のイメージを伝えます。どういった雰囲気の、どういったストーリー、展開のものを希望しているのかや、どういったことを見ている人に伝えたいのかなどです。このあたりのイメージを詳細に伝えないと、自分の想像しているものと全く違ったものが出来上がってきてしまう可能性があるので気を付けましょう。また、写真を用意して渡す際に、特に長く映したい写真があればそれも伝えましょう。また、使いたい音楽も伝え、可能であれば自分で用意して渡しましょう。



結婚式のプロフィールビデオ



2000年ごろから、結婚披露宴や、結婚式の二次会などでプロフィールビデオを流す人が増えています。新郎新婦が赤ちゃんの頃から、現在までの写真を音楽と共に映像にまとめたビデオです。2人の好きな曲を使う人もいます。結婚式には、親族や、同僚、上司、友人など沢山の人を招待します。しかし、新郎新婦の生い立ちまで知っている人はほとんどいません。親族や家族も新郎新婦の学生時代の様子などはあまり知らないので、プロフィールビデオをみることで、新郎新婦のことを知ることが出来ます。赤ちゃんの頃の写真を使う場合は、若い頃の両親と一緒に写っているものを使うと、盛り上がります。友人との写真は、結婚式に招待した友人と一緒に写っているものを選びましょう。最近は簡単にプロフィールビデオを作成する動画ソフトなども沢山あるので、自作することも出来ます。